セパレーション・サイエンスへようこそ

保持のドリフト

なぜ HPLC 法において、最初の数回の試料注入は保持時間がずれるのでしょうか?

現場でも役立つLC分離の基礎―オンデマンドWebinar!

LC分離にお困りではないですか?

高速液体クロマトグラフィー (HPLC) の分離のコツについてご紹介します。

高速液体クロマトグラフィーは現在、分析化学で最も強力なツールの1つとなっています。効率化にもお役立てください。

高圧,あるいは低圧ミキシングの違い?

Q:高圧ミキシングと低圧ミキシングは,どちらが良いのですか?

チャージバリアント分析を大きく改善する新カラム

インタクトタンパク質およびそのサブユニットの逆相分離に向けた新カラム

溶媒ノモグラフ

溶媒ノモグラフ

LC-MSにおけるキャリブレーションとチューニングの違い

質量スペクトル検出器を装備したHPLCが適切な質量情報を記録しているか,また検体検出に適切な設定となっているか,これらの確認に用いられる2つの手順についてお話します。 ...

LC分析法移管のポイントーWatersオンデマンドWebinar!

 分析法移管に関するトラブルにお困りではないですか?

ヘリウム不足の対策は万全ですか?

ヘリウムガス供給不足を解決する今後の代替キャリアガスでの分析とは

現在のヘリウムの市場では、供給が底をつき始め、このままでは枯渇するといわれています。ヘリウムの供給は減少傾向にあり、新興国の経済成長により供給の必要性が高まったことなども含め、事態を悪化させています。ヘリウムガスは、半導体、光ファイバーなど多方面で使用されており、生産に影響が及ぶ可能性があります。

S/N(信号/ノイズ比)の重要性

/N比(信号/ノイズ比)は,あなたの測定方法の質に影響を及ぼす重要な可変要素です。

カラムの保護#1

カラムの保護#1

固定相のデウェッティング(脱濡れ)とは?

HPLCにおける固定相のデウェッティング(Phase dewetting)は,固定相の崩壊 ( phase collapse)と呼んでいたものと同じプロセスです。固定相のC18グループでは表面にケバがあるテニスボールのように描かれることが多いのですが,C 18カラム装填に用いられる微粒子は,固いスポンジに似て全体的に多孔質です。

イオン化合物では2つのピークが得られるのですか?

Q:リテンション(保持時間)は化合物のイオン化によって変化することはわかります。化合物がイオン化されると,一般的にリテンションはイオン化されなかった場合と比べて短くなります。化合物がpKa(酸解離定数または酸性度定数)に近づき,半分イオン化された場合は,2つのピークを予期すべきだという意味でしょうか?

    

ブログ更新に登録

セパレーション・サイエンスへようこそ

セパレーション・サイエンスは、クロマトグラフィー及び質量分析技術に携わる皆様のための基礎、実践そしてトラブルシューティングに関する情報をお届けする、業界最前線のポータルサイトです。さまざまな記事・アプリケーションを特集し、併せてウェビナー、ワークショップ、そしてカンファレンスを開催することで、"すぐに使える"情報を発信しています。