セパレーション・サイエンスへようこそ

LC、GC、MSのバイアル選択

LCやGCのバイアル瓶、どれも同じだと思っていませんか?

バイアル由来の分析トラブルも存在します。分析においてトラブルがあった場合、検討される最後の項目であることが多いのですが、実際にはトラブルシュ―ティングの開始点として最適かもしれません。 

LC、GC、MSのバイアル選択

バイアル由来の分析トラブルには以下のようなものが挙げられます。

バイアルが原因で発生する機械的問題

  • ピーク面積変動:インジェクション精度
  • 揮発
  • ニードル関連の問題(サンプルの吸引が不十分、ニードルの鈍化等によりセプタム落下)

 

バイアルが原因で発生する化学的問題

  • ゴーストピーク
  • 定量値減少(サンプルの分解、成分吸着)

 

オンデマンドWebinarもご活用ください。

 

上級者のバイアル選択法

 

 

    

ブログ更新に登録

セパレーション・サイエンスへようこそ

セパレーション・サイエンスは、クロマトグラフィー及び質量分析技術に携わる皆様のための基礎、実践そしてトラブルシューティングに関する情報をお届けする、業界最前線のポータルサイトです。さまざまな記事・アプリケーションを特集し、併せてウェビナー、ワークショップ、そしてカンファレンスを開催することで、"すぐに使える"情報を発信しています。