セパレーション・サイエンスへようこそ

Separation Science Japan in collaboration with Nihon Waters

分離分析のグローバル・スタンダードは、ウォーターズから生まれる 米国マサチューセッツ州ミルフォードに本社を置くウォーターズコーポレーションは、1958 年の設立以来、 液体クロマトグラフの専門メーカーとして先駆的な役割を果たしてきました。 積極的に新製品、新技術の開発に取り組み、現在では高速液体クロマトグラフに加え、質量分析計(MS)、 熱分析装置を供給する国際的グループ企業へ成長しています。 日本ウォーターズは、ウォーターズコーポレーションの日本拠点として昭和48(1973年)に営業を開始しました。 米国本社の企業姿勢を継承し、「お客様の成功」を我々のミッションとして掲げ、革新的な技術とラボ向け ソリューションを提供し続けています。

Recent Posts

LC分析法移管のポイントーWatersオンデマンドWebinar!

 分析法移管に関するトラブルにお困りではないですか?

ヘリウム不足の対策は万全ですか?

ヘリウムガス供給不足を解決する今後の代替キャリアガスでの分析とは

現在のヘリウムの市場では、供給が底をつき始め、このままでは枯渇するといわれています。ヘリウムの供給は減少傾向にあり、新興国の経済成長により供給の必要性が高まったことなども含め、事態を悪化させています。ヘリウムガスは、半導体、光ファイバーなど多方面で使用されており、生産に影響が及ぶ可能性があります。

クロマトグラファーの課題を解決

以下のような問題を抱えていませんか?

ソリッドコアカラムのあれこれ

ソリッドコア(コアシェル)カラムとは?

アプリケーション例や、無料のセミナー、キャンペーン情報まで まとめてご紹介します。 

LC、GC、MSのバイアル選択

LCやGCのバイアル瓶、どれも同じだと思っていませんか?

ブログ更新に登録

    

セパレーション・サイエンスへようこそ

セパレーション・サイエンスは、クロマトグラフィー及び質量分析技術に携わる皆様のための基礎、実践そしてトラブルシューティングに関する情報をお届けする、業界最前線のポータルサイトです。さまざまな記事・アプリケーションを特集し、併せてウェビナー、ワークショップ、そしてカンファレンスを開催することで、"すぐに使える"情報を発信しています。