セパレーション・サイエンスへようこそ

LC分析法移管のポイントーWatersオンデマンドWebinar!

 分析法移管に関するトラブルにお困りではないですか?

分析法移管に関するトラブルにお困りではないですか?

 

『分析を高速化したい』

『開発した分析法をほかのLCシステムで実行したい』

 

このようなときに分析法の移管が必要となります。

 

しかし、移管時に

 

「同じ分離が再現できない」

「移管後の適切な分析条件がわからない」

 

このようなトラブルを体験した方も多いと思います。

 

本オンデマンドWebinarでは分析法移管の基本的な考え方から、

特に難しいグラジエント分析の移管のポイントについてもご説明します。

 

◆オンデマンドWebinarの内容

・分析法の移管によるメリット

・分析法移管の手順

・分析法移管時のカラムの選び方

・グラジエント分析移管時の注意点

・分析法移管例

 

オンデマンドWebinar(60分)を視聴する ご視聴にはログインが必要となります。→

 

分析法移管の際に問題となるのが、移管先で元の分離が再現できないことです。

この原因のひとつはLCシステムの違いを考慮せずに分析条件を定めてしまうことです。

 

技術資料をダウンロード→

 

こちらの技術資料では分析法移管時に考慮すべき、システムのデュエルボリュームと
カラム外拡散の影響を説明しています。

 

    

セパレーション・サイエンスへようこそ

セパレーション・サイエンスは、クロマトグラフィー及び質量分析技術に携わる皆様のための基礎、実践そしてトラブルシューティングに関する情報をお届けする、業界最前線のポータルサイトです。さまざまな記事・アプリケーションを特集し、併せてウェビナー、ワークショップ、そしてカンファレンスを開催することで、"すぐに使える"情報を発信しています。

ブログ更新に登録