セパレーション・サイエンスへようこそ

ソリッドコアカラムのあれこれ

ソリッドコア(コアシェル)カラムとは?

アプリケーション例や、無料のセミナー、キャンペーン情報まで 
まとめてご紹介します。 

カラムの充塡剤で、表面のみが多孔性で中心部分は非多孔性の粒子(ソリッドコア)を指します。近年、サンプル数の増加や開発スピードの向上のため、LC分析の高速化を検討する機会が増加しています。しかし、高速化による分離度の低下や装置の耐圧限界により、分析時間の短縮が困難な場合も多くあります。 ソリッドコアカラムはこのような問題を解決し、LC分析の高速化と高分離を実現します。

ソリッドコアカラムのあれこれ

メリットと特長

ソリッドコアカラムを使用することで、分離度の上昇や分析時間の短縮が期待できます。これは充塡剤の表面のみが多孔性の構造となっているソリッドコアを使用するため、バンド拡散が抑制され、よりシャープなピークを得ることができるためです。またソリッドコアカラムは通常の全多孔性粒子のカラムに比べ、背圧が低く、高流速での運転も可能です。

Waters CORTECS カラム

ウォーターズでは豊富な種類のソリッドコアカラム (CORTECS) を取り扱っており、様々なサンプルや分析法の移管にも対応可能です。

 

Waters CORTECS カラム  >>

    

セパレーション・サイエンスへようこそ

セパレーション・サイエンスは、クロマトグラフィー及び質量分析技術に携わる皆様のための基礎、実践そしてトラブルシューティングに関する情報をお届けする、業界最前線のポータルサイトです。さまざまな記事・アプリケーションを特集し、併せてウェビナー、ワークショップ、そしてカンファレンスを開催することで、"すぐに使える"情報を発信しています。

ブログ更新に登録