セパレーション・サイエンスへようこそ

高速糖鎖ラベリングおよび分離解析 - バイオ先発品からバイオシミラーまでの応用

糖鎖解析を迅速に行いたい方は、是非こちらのプレゼンテーションをご覧ください。超高速・高解像度な糖鎖ラベリングおよび分離解析方法、並びにゲル-バッファーシステムが、糖たんぱく質を形どるN結合型オリゴサッカロイド、そしてその他の目的成分分離のために開発されました。

 

 

 

AndrasGuttman.png当プレゼンテーションは、アンドラス・グットマン (SCIEX, Brea, USA)により発表されました。このプレゼンテーションでは、バイオ先発品における糖鎖解析の重要性、電気泳動がどのようにルーチン分析の手法となったかについて解説し、受賞歴もある糖鎖ラベリング分析技術を紹介します。高速自動サンプル調整、高速分離、簡素化された分離、全自動のデータ処理ならびに糖鎖解析なども解説されます。

 

このプレゼンテーションでは下記の情報も紹介されます:

  • 最速でHILICの1/5の短時間糖鎖解析
  • 90分でのサンプル調製
  • N結合型グリコシルを5分で分離・特定する方法

登録後プレゼンテーションを見る  >>

プレゼンテーション資料


Cover1-JAPAN.png
[テクニカルノート]

Cover2-JAPAN.png
[カタログ]

登録後プレゼンテーションを見る  >>

    

ブログ更新に登録

セパレーション・サイエンスへようこそ

セパレーション・サイエンスは、クロマトグラフィー及び質量分析技術に携わる皆様のための基礎、実践そしてトラブルシューティングに関する情報をお届けする、業界最前線のポータルサイトです。さまざまな記事・アプリケーションを特集し、併せてウェビナー、ワークショップ、そしてカンファレンスを開催することで、"すぐに使える"情報を発信しています。