セパレーション・サイエンスへようこそ

Separation Science in collaboration with Merck

Recent Posts

脂質含有試料中の汚染残留物質分析の効率的クリーンアップ法

今回のオンラインセミナーでは、脂質含有試料中の汚染残留物質を分析するための新規吸着剤を使ったクリーンアップ法、特に、農薬やPAHs等の非極性残留物の分析についてご紹介いたします。

固相マイクロ抽出法 (Solid Phase Micro Extraction)の基礎 (ウェビナー)

本ウェビナーではSPMEの原理と、2つのアプリケーション例(ビールとノンアルコールビールの違い、コーヒー中の香気成分)を説明します。SPMEは品質管理において、異臭やロット差のスクリーニングに使用されています。また、農芸化学の分野ではテルペンやフェロモンの検出に用いられ、新規薬用成分の探索等に用いられています。他にも法医学や科学捜査といった分野にも使用されており、幅広い活用の場が検討されています。

血漿中ステロイドホルモンのLC/MS/MS分析に適合する試料前処理法の開発と最適化

HybridSPE®-Phospholipidプレートを使用して血漿試料中のステロイドホルモンの分析例をご紹介いたします。一般的に、これらの化合物の試料前処理は困難とされていますが、HybridSPE®-Phospholipidプレートによる試料前処理の後に、Ascentis® Express Fused-Core®...

Ascentis Express UHPLC カラム 粒子径2.0 μmのFused-Core 粒子(コアシェルカラム)

  • 最新のFused-Core®粒子による分離性能と耐久性
  • 一般的な粒子径2 μm未満のカラムよりも低いカラム圧
  • C18、F5など様々な固定相を揃えている

乳中の低濃度(ピコグラム)のアフラトキシンM1 の定量 多機能カラムSupel™ Tox を使用した精製とLC/MS 分析

アフラトキシン類は、Aspergillus 属の真菌によって産生されるカビ 毒の一種です。アフラトキシン産生菌のうち、Aspergillus flavus と Aspergillus parasiticus ...

    

セパレーション・サイエンスへようこそ

セパレーション・サイエンスは、クロマトグラフィー及び質量分析技術に携わる皆様のための基礎、実践そしてトラブルシューティングに関する情報をお届けする、業界最前線のポータルサイトです。さまざまな記事・アプリケーションを特集し、併せてウェビナー、ワークショップ、そしてカンファレンスを開催することで、"すぐに使える"情報を発信しています。

ブログ更新に登録